英会話ベアリング

英語をスムーズに学ぶための動機と目的

英語を学ぶ人の気持ちは様々でしょうが、英語について調べものをしていて、この記事にたどり着いたということは「今年こそ英会話をマスターしよう!」と思っている人は多いことでしょう。

 

でもその前に何のために英会話をマスターしたいのか、どういった動機で勉強に取り組むのか?をあらかじめ確認しておくことも同じように大切です。もっと踏み込んで考えると、なんで英会話をマスターしたいのにマスターできない人が多いのか。英会話学校に通ったり英会話の教材を買ったりさんざんお金を費やしてもマスターできない人がなぜこんなにも多いのか。

 

こういったことも考えながら、英会話を学ぶ目的を振り返ってみましょう。

 

英語を学ぶ必要性と目的

英会話をできるようになりたい。英語を話せるようなりたいという人が多くいるのに話せる人が多くない理由は簡単です。ほとんどの人にとって英会話は必要ないからです。日本で働く人の大半は、仕事のときに使う言語は日本語でしょう。

 

もちろん、外国の会社とやり取りをする仕事をする人など、英会話が必要な人がいることは否定しません。でも、そういう人はごくわずか。ほとんどの日本人にとって英会話は必要ないというのが関係しています。

 

英会話は必要ない人が、世の中にあふれる英会話学校や英会話の教材を見て、「英語くらい話せないとまずいかな」となんとなく思わされて英語の勉強を始めたところで、必要がないのですから、身に着くはずがありません。多くの人が英会話をマスターできない理由はそこにあります。

 

私も英語の重要性は決して否定するものではありません。しかし多くの人にとって英語の優先順位が高くないのもまた確かです。英語学習において最も重要なことは、最初に「自分にとって英語は必要だろうか」ということを確認することです。動機づけさえはっきりしていれば、最終的には英語をマスターできるはずです。