英会話ベアリング

英語でのコミュニケーションはキャッチボール

英語で話すとき、注意する点は様々にありますが、けっこう見落とされがちなことが一つあります。細かく言えば英語のルールから時と場合を考えたコトバを選ぶとかいろいろありますが、まず、前提として理解してもらいたいこと、それは会話の方法が英語と日本語では違うということです。

 

英語力はあるはずなのに、どうも会話が盛りあがらないという人は特に、この違いを認識すると格段に会話力があがります。もちろん、ケースバイケースではあるものの、知っているのと知っていないのとでは段々と差がでてきますので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

ネイティブスピーカーは同意ではなく意見を求める

その違いを端的に言うと、日本人と違って英語のネイティブスピーカーは同意を求めていません。ネイティブスピーカーと書きましたが、初対面の相手すべてに言える基本的なことかと思いますが、初めて会う人に対し、意見をもたない人形のような人とは会話のキャッチボールはうまくいきませんし、会話も続かないでしょう。

 

日本語の場合、相手が言ったことに対して「そうだよね〜」「わかるわかる」といった同意する相槌をよく打ち、逆に同意できないなと感じると、話題を変えたり曖昧に流したりします。それが日本の聞き上手です。ところが、英語でこれをやると、会話が終わってしまいます。

 

というのも、相手は自分の話したことに対して、"I see."や"You're right"とだけ言われることを期待しておらず、その先にあるエピソードを求めているからです。"I see."のあとに話を続けないと、相手としては「あれっ?」と肩透かしをくらった状態になります。

 

あの気まずい沈黙の意味はそういうことなのです。相手の話を聞いたら、それに関連して、同意するならばその理由となる自分の経験や意見を話さなくてはなりません。もちろん同意しなくてもよいのです。それならばそれでその理由やエピソードを言えばよいのです。それでこそ会話が成り立つのです。

 

大切なのは理解を深める意見交換

勘違いしてほしくないのは、同意をしてはいけない。ということではありません。人と人との付き合いの中で、お互いの意見や考えがわからない相手とは信頼関係が築きにくいということ。会話のキャッチボールが成立しにくいことを理解しておきましょう。

 

「外人は自分の話ばっかりして、人の話を聞かない」という人がいますが、自分の話をしっかりして、自分はこういう人間なんだ。こういう考え方をもっているんだよ。という意思表示がコミュニケーションにおいてはとても大切です。

 

日本人の悪いくせである、本音と建て前の使い分けは少なくとも日本人以外では信頼関係を築きにくいこともありますので、注意が必要です。